「月追揺杯」制作現場レポート(ナノレベルの研磨技術編)

0

“輝きに酔う”という新しいコンセプトの酒器『月追揺杯』。
これまで、コンセプト加工技術についてレポートしました。

今回はいよいよ最終回。
酒器に命を吹き込む「磨きの技術」についてレポートします。


13:00 研磨のプロフェッショナル「松一」へ

IMG_0795

小松精機での加工を終えた「月追揺杯」を持って、
研磨のプロフェッショナルが待つ、松一へ。

切削加工、検査、組立をはじめ様々な精密技術を持つ松一は、
SEIKOをはじめ、国内外の有名メーカーの腕時計の研磨を
行ってきた実績を持つ諏訪でも有数の企業です。



採用無題

外面と内面で輝きが異なる「月追揺杯」。
月が揺れ動くような内面の美しさは、
一流の研磨職人でもある松澤社長ならではの職人技。



13:30 研磨作業の現場へ

P1020765



大きいものであれば、経験の少ない人でも磨ける一方、
間口の小さいものの場合、均一に磨くのは難しい研磨作業。

特に、「月追揺杯」のような小さい器の内面を
手作業で磨きあげられる人は日本全国でも数えるほどなのだとか。



IMG_0838


基本的に弟子だけに伝承していく研磨技術は非公開ですが、
内面は猫じゃらしのようなバフ※で磨くというヒントをいただきました。

※バフとは、柔軟性のある素材(布、皮、ゴム等)に砥粒を付着させたもの。機械などでバフを回転させることで金属の表面を磨いていきます。


16:00 続・研磨作業

IMG_0829
手作業で、凹凸差ナノレベルまで磨き上げていく


月追揺杯の場合、外側などのベース磨くのに半日。
内側の鏡面をナノレベルまで磨き上げるには丸2日はかかるそうです。
手作業で凹凸差、平均10ナノメートルまで磨き上げることが、松一クオリティ。

通常の原子1つが約0.8ナノメートルというお話を聞いて、
松一の、そして、諏訪の技術力の高さを感じました。



IMG_0858
松澤社長の職人技で磨き上がった「月追揺杯」


IMG_0861
左:加工前、右:加工後の部品。磨きの工程が加わることで違いを生み出している。


組織を超えて協力することで、今までにない酒器が生まれた

P1020753

当初、小松精機では「水が美味しく、酒蔵の多い諏訪ならではの酒器をつくろう」
と、細川半蔵頼直著『からくり』にあった、揺杯をヒントに開発を進めていました。

形状が決定し、研磨加工を松一が行う中で、
「磨き上げたら、底に月がある様に見える」という人や、
「中をのぞき込むと、顔が逆さに映って、これを見たら自分はとても酔っている様に思えますね」

という発見があり、『月追揺杯』のアイデアにつながったそうです。

精密加工を行う小松精機工作所、研磨を行う松一。
組織を超えて協力することで、今までにない酒器が生まれたのです。


商品名 『月追揺杯(つくおいようはい)』
メーカー (株)ナノ・グレインズ
価格(税別) 39,800円
サイズ 直径3.8cm 高さ6.1cm 重さ300g
販売場所 SUWAガラスの里 プレミアムショップ

この記事を書いた人

渡辺 さとし

コピーライター事務所『ナベドコロ』代表。長野県諏訪市出身。 関東、長野県を中心に広告制作、取材ライティングをメインに活動中。

Comments are closed.