月追揺杯 ~コバリオン酒器~

0

江戸時代に実在した「揺れ杯」をヒントに・・・

形状は江戸時代に実在した「揺れ杯」を再現しました。
比重が重い金属なので、「ずっしり」とした重さが高級感を感じさせます。
杯の重さが飲んだお酒の量の感覚を麻痺させます。
杯が揺れないように静かに話しながら、お酒を楽しんでください。

内側は鏡面になり、覗き込むと底がどこにあるかわからず、
杯の底に満月が写った様に見え、杯を揺らすとその写った満月を追いかけるように動きます。
そしてその満月に自分の顔が逆さに写り、あたかも酔ってしまったかのように感じます。
金属イオンの溶出が少なく、お酒の味が変わらず、ガラスや陶器と一風変わった味わいを楽しめます。
鏡面加工を施すことでお酒が残りにくく、水で簡単に濯ぐことで、いろいろなお酒の味比べに最適です。

材料にもこだわりが
人工関節に用いられる、コバルトクロムモリブデンという、人にやさしい金属で作りました。
東北大学で開発され、現在岩手県釜石市にて材料の製造をしています。復興支援の意味も込めて製品化しました。(売上げの一部を復興活動へ寄附させていただいているそうです。)
※下町ロケットでも、バルブや弁の材料としてコバルトクロムが紹介されました。

表面加工のこだわり
腕時計の外装部分の研磨加工技術を用いて磨かれています。
コバルトクロムモリブデンは非常に硬く、研磨には高度な技術が必要とされます。

【関連】輝きに酔う酒器「月追揺杯」
商品ジャンル 酒器
メーカー 株式会社ナノ・グレインズ
価格(税抜) ¥39,800

ご購入はこちらから

この記事を書いた人

SUWAプレミアム

長野県諏訪地域のとっておきな一品を集めた地域ブランド「SUWAプレミアム」。2014年4月の公式ショップオープンと同時にスタートした新しいブランドです。

Comments are closed.