双眼鏡から、人工衛星の部品まで。 世界レベルの光学機器メーカー「ライト光機製作所」(後編)

0

(株)ライト光機製作所は、アメリカやヨーロッパをはじめ多くの国々に、双眼鏡やライフルスコープを輸出する世界レベルの光学機器メーカーです。
前編に引き続き、代表取締役の岩波雅富社長にお話をお聞きしました。
※双眼鏡から、人工衛星の部品まで。 世界レベルの光学機器メーカー「ライト光機製作所」(前編)はこちらから



_MG_0081_1200px
写真は42mmSXシリーズのもの



12枚のレンズ(接眼レンズ6枚、対物レンズ6枚)をはじめ、
ミクロン精度で加工された100を超える部品を組み立てることで
完成するライト光機の双眼鏡<32mmMXシリーズ/42mmSXシリーズ>

DSC_5914

光学のスペシャリストでもある岩波社長に、
一流の双眼鏡と、それ以外の双眼鏡の違いをお聞きしました。



DSC_5898

岩波:いい双眼鏡とそれ以外の双眼鏡の違いをあげると、
・工学設計がしっかりしていて、暗くても明るく見える
・色のにじみが無く、すっきりとした視界
・衝撃に対しても、ピントなどが狂いにくい
・メンテナンスを行うことで一生使える

あたりが大きなポイントですね。
細かく話し始めたら、一日終わってしまいますが(笑)

ガラスの里や諏訪湖サービスエリアで試用できますので、
ぜひライト光機の双眼鏡を使っていただきたいですね。
きっと見える世界が変わると思います。


一流ブランドと同じ光学技術でつくられた双眼鏡

DSC_5948

実は、誰もが知る一流ブランドの高級ラインの多くは、
MADE IN ライト光機製作所なのだそうです。
そう考えてみると、ブランド価格よりも、
リーズナブルに買えるのはお得ですよね。

現在、ライト光機ブランドの双眼鏡を買えるのは、諏訪エリア限定。
双眼鏡にこだわりのある方こそ、
ぜひプレミアムショップへお越しください。


【双眼鏡】諏訪湖サービスエリア(下り)で試用体験

image1 (39)
※諏訪湖サービスエリア下り線の試用体験レポートはコチラから



私も、実際に42mmSXシリーズの10倍双眼鏡を試用させていただきました。

視界が広がり、世界が10倍になった景色は見ごたえがあり、
長時間見ていても目が疲れないのは、さすが世界レベルの双眼鏡。


諏訪だからできる、モノづくりを。これからも。

DSC_5894

さいごに、SUWAプレミアムの想い、
モノづくりへの意気ごみを岩波社長にお聞きしました。

岩波:諏訪の強みは、世界でも最高峰の精密技術を持つ企業が多く、
優秀な職人さんがたくさんいることにあります。
諏訪ならではのつながりを活かして、
これからも世界と勝負できるモノづくりをしていきたいですね。


岩波:”諏訪魂”というのか、時代の波に飲まれそうになっても、
高い基礎技術を活かしてさらに進化していく頑固さこそが
諏訪らしさだと思います。

その根底には、天下の奇祭とも呼ばれる
7年に1度の「御柱(おんばしら)」の精神が流れている気もしますね。
会社も組織も関係なく、目標地点に向けて、
息を合わせて巨大な御柱を運んでいくような。

これからも個性的な企業が連携することで、SUWAプレミアムが、
世界中の人に愛されるブランドに育っていくことを願っています。



この記事を書いた人

渡辺 さとし

コピーライター事務所『ナベドコロ』代表。長野県諏訪市出身。 関東、長野県を中心に広告制作、取材ライティングをメインに活動中。

Comments are closed.