SUWA±5μの挑戦「超高精度金属砂時計」(後編)

0

※この記事は諏訪市の発行する「広報すわ」の平成24年10月1日号の記事をもとに作成したものです。



平成24年に発足した連携プロジェクトチーム「SUWA±5μ」。

連携チームのメンバーである小松精機工作所・小松隆史研究開発部長(当時)は
自社で開発・特許出願した100μmの合金の砂の利用法を考える中で、
「砂×時計=砂時計」とひらめいた。
SUWA±5μの挑戦を追います(前編はこちらから )。


プロジェクト始動! しかし、、、

製品化への道は困難なものであった。

そもそも儲けが目的ではないこのプロジェクト。
この不景気の中赤字に寛容な企業はない。
(当時はリーマンショックにより、世界的に不況の時期
諏訪地域の企業も大きく打撃をうけた。)

しかし、市の産業連携事業補助金の採択の後押しや、
チームの固い結束・熱意が関係者を次第に動かした。

周囲の「(収益は)無理だと思うけど、まあ頑張れ」との声に背中を押され、
ついにプロジェクトは始動した。

しかし、、、
始動して間もなくつまずく。
砂が安定して落ちないのだ。
詳しく検査すると砂同士がくっついていることがわかった。
また、金属とガラスという異種の材料・技術の融合も未知の領域だった。

完成までには、計画通りにいかないことや、
チーム内で利益相反が生じて焦ったりすることもしばしば。
その都度お互いにひとつひとつ議論を重ね、
マクロ的な視点での話し合い、仮説・検証による解決をした。

紆余曲折を経て完成した超高精度砂時計。
反響は予想以上だった。



DSC_1013
記者発表には多くの人が集まった。


「まずはやらないと、こうはならなかった。
やったら思いがけない良い波及効果が生じました。
砂時計自体では儲からなくても、人に興味を持ってもらえたし、
チーム全員のイメージアップにもなった。
十分すぎるほどです。」



主な成果については、
製造面では、直接消費者につながる販売経路がわかったこと、
中小企業の技術で完成品を産み出せたこと、
市場の声を直接聞ける仕組みができたことです。
観光面では、砂時計に興味を持ち、遠方からわざわざ訪れた人もいました。


連携室は砂時計の製造過程を実際に見てもらうため、諏訪に招くことも考えているという。
”産業観光”の分野での取り組みとしても期待される。
(その後、「SUWA±5μ-超高精度金属砂時計」の製造工場を見学し、
made in SUWAブランドのストーリー性や製造現場を見学するツアーを実施した)

成功の要因を聞いた。
「仕事として楽しかった。
また、最初から儲けが目的でなかったのが良かったんです。」
わずかな収益はまずは被災地支援に使うという。


ブランドの構築へ向け考える

SUWA±5μが目指すブランド像を聞いた。
「精密、硬派、そして、伝統を守りつつ新しいもの好きという諏訪人の気質でしょうか。
ブランドイメージは生産者が作るのではなく、消費者が決めるものだと思います。」

その上で、生産者側は理念を明確にすること、
新しい知識・価値観を付与すること、そして継続すること。そう指摘する。

「今後はいろいろな人たちからも『このブランドイメージでこんなことをやりたい』
と自由に案をだしてもらったらいいんじゃないかな。」
と話す。
SUWA±5μの取組みは「SUWAブランド」構築への布石としても、脚光を浴びている。



DSCN0860+ろごweb



これからの新展開にも期待して

DSC_0871


小松氏は、市の連携室に対して、
「前向きでやる気のある人の人脈を持っていること、
職員の迅速な対応、公的な機関が関与することの安心感・信頼性、
メディアとのやり取りのノウハウもわかっている。」と感謝する。

SUWA±5μは第2弾として、色・サイズ・価格帯を
一新した新商品を、年内に発表したい意向だ。
(平成28年6月10日記者発表「Mg85Al10Ca5」

「実は第3弾、第4弾の構想もあるんです。
それは?と聞くと「秘密」とはぐらかされた。
「しかし」と続け、
「今までは製造が主だったが、進め方や販売の現場の人の思想もわかった。
徐々に展開も早め、いい意味で常に顧客を裏切るようなものを、
当ブランドとして発表していきたい。
あそこは、いつも何かやっていると興味を持ってほしい。」
と、意欲を示した。

最後に、SUWA±5μの今後についてお聞きした。
「今後の展開として
『ブランドの確立→収入の確保→地元の人の雇用』を見据えています。
諏訪が誇る硬派の取組み、ぜひご期待ください。」

と力強く語ってくれた。

「Mg85Al10Ca5(燃えないマグネシウムを使用した砂時計)」の他にも、
SUWA皿da月追揺杯といった商品を生み出している。

今後も目が離せない。


この記事を書いた人

諏訪市

Comments are closed.