ニュース

諏訪ソノリティカードジオラマ諏訪市役所ロビーに登場

諏訪ソノリティカードのジオラマが6月22日(月)~29日(月)まで諏訪市役所1階ロビーに展示されます。

諏訪市福祉作業所さざ波の家が、「諏訪ソノリティ―カードのジオラマ」を作成し、諏訪市役所1階ロビーに6月29日(月)まで展示をしています。

諏訪ソノリティ―カードは、目で楽しめて、音でも楽しめるカードです。

諏訪の音が詰まっていて、カードを開き、中のボタンを押すと音が流れる仕組みになっています。

更にイラストが立体的に立ち上がる「飛び出すカード」になっていますので、お部屋に飾って楽しむこともできます。

諏訪ソノリティカードは地域のデザイナーがデザインをし、さざ波の家で制作及び販売をしています。

カードは、花火・御神渡り・子供木遣り・大曲・大人木遣りの5種類です。

それぞれの特徴があり、カードだけでも楽しめる作品になっていますが、今回はジオラマを作ったことで臨場感あふれる展示となっています。

カードの展示もありますので、ぜひ実際の音を確かめてみてください。

また、今回はカードがどんなところで作られているか、訪れた方へ見てもらえるようにさざ波の家の事業紹介の展示も合わせて行っています。

 

さざ波の家百瀬所長には、ジオラマの制作には約2週間をかけて丁寧に作ったこと。今後も諏訪市博物館など様々な場所で露出を増やしていきたいという想いを語っていただきました。